住宅ローンは定年退職前に完済できるように計画する。

私はちょうどローン申請の手続きを行っている最中です。
歳は26歳のごく普通の会社員ですので、住宅は早いと思われるかもしれません。
しかし個人的な考えですが、決して早いと思ったことはないです。
むしろこれくらいがいいんじゃないかと思ってます。

35年の返済が終わるのが61歳、定年退職になる前に返済し終わるのです。
定年を過ぎたら、今は年金も頼りにならないし、そうなったら住宅ローンが払えないですよね。
そう考えればちょうどいいとは思いませんか?

だからといって無茶苦茶な住宅ローンの返済プランを立ててはダメです。
一月の返済が大体一月の収入の4分の1くらいの支払いで考えています。
現在はアパートでその家賃より下にみています。

そこで出てきた問題がどこで住宅ローンの借り入れするかということです。
日ごろから一番お世話になっている銀行さんにまず話を聞きました。
はっきり言って全く話になりませんでした。
年収が厳しいとのことです。
やっぱりかと思いましたが、他にもお世話になっているところがあるのでとりあえずいくつか聞くだけ聞こうと思い銀行さんへ。

すると借せますと言ってくれるところがありました。
まだ決定したわけではないですが、ローンを組める所があってよかったです。
ただもちろん融資の金利は違ってきます。
借りれるところはやはりすこしお高いです。

参考:「住宅ローン退職

それでも今のアパートで暮らしていくことを考えたら違いますね。
今は本当に住宅にシビアになってるときです。
税金のことなどニュースでもやってるので。
そういう面でもやはり住宅の購入意欲は大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です