遺産と相続人がいないときの扱いは?

遺産とは死亡者が死後に残した財産の事です。
所有権や債権だけでなく負債も含みます。
民法896条では「相続開始時に被相続人に属した一切の権利・義務を含む財産」とされます。
他に「遺産」「相続財産」ともされます。

遺産の扱いは二つに分かれます。
相続人がいるかいないかです。
ここではいないケースを扱います。

いない際は簡単です。
この場合遺産(相続財産)は民法951条により法人とされます。
法人とは人間(自然人)以外で法律によって人とされるものです。
とてもややこしいですね。

そして相続人でもなくても遺産を受け取れる人「特別縁故者」に財産が分与されます。
残りは全部お国に納められます。

特別縁故者は次の三者です。
被相続人と生計を同じくしていた人物、被相続人の療養看護に務めた人物、その他被相続人と特別の縁故があった人物です。

婚姻届けは出していないが夫婦同然の暮らしをしていた人(内縁関係)や、事実上の養子である人間などが一つ目のケースです。
亡くなられた方を介護や看護していた人が二つ目のケースです。
この場合、お仕事での看護介護は該当しません、当たり前です。
亡くなられた方から財産の譲渡を約束されたり、特別に親しかった人が三つ目のケースです。

特別縁故者になるには自己申告が必要です。
家庭裁判所に申告書を提出する事で審査の後認められます。
国が特別縁故者を探してくれるわけではありません。

この申し込みには「申込書」と「特別縁故者本人の住民票」が必要になります。
この辺りの詳細についてはネットで検索してみてください。
専門に扱ったサイトが見つかります。
あなたが特別縁故者に該当するのであれば弁護士さんと相談の上で申請を行ってください。

参考にしたサイト:遺産相続トラブルの事例と解決方法について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です