債務整理後でも住宅ローンは審査に通る?

債務整理後で一番組めなくて困ると言われるのが、マイホームなどの住宅ローンではないでしょうか。
ローンの支払いを終えている住宅であれば何の問題もありません。
ただ、債務整理を行う殆どの人は払いきれていないケースである方が多いのが現実です。
家を手放すことになってしまったという人は少なくありません。

債務整理の度合いで決まるのですが、ブラック扱いまでされていなければ同じ所でのローンは組むことはできなくとも、違う不動屋さんであれば対応してくれる可能性はあります。
ブラックになるほどの手続きを行った場合、例えば任意整理や自己破産をしてしまった場合は5~7年間の時効が経つまではローンの審査を通るのは無理だと思ったほうがいいでしょう。
一括払いであれば問題はないのですが、不動産購入でそんなことが出来る人は一握りしかいません。
そもそも法的手続き後に、そんな大きい買い物が出来る余裕はないでしょう。

手続きをしてしまったという場合であれば、住宅ローンはもう諦めたほうが懸命かもしれません。
どうしてもマイホームがほしいという場合は、その後5~7年に預金をして頭金を用意しておいたほうが懸命といえるでしょう。

債務整理後はどうしてもお金に関する信頼は地に落ちてしまうので、現実を受け止めて質素な生活を心がけていくことが大切なのです。
またしっかりとした社会人に戻るための準備期間だと思って、新しい生活に向けてお金を貯めることを考えていってください。

参考:「債務整理 住宅ローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です